日向市で不動産売買を行う大興不動産日向が不動産買取についてご説明します。

お問い合わせ
無料査定依頼

MENU

不動産買取
Real estate purchase

「不動産買取」ならすぐに現金化

不動産をできるだけ早く売却して現金にしたい。そんな方におすすめするのが、不動産会社が直接買い取る「不動産買取」という方法です。

不動産の売却方法には仲介売却や任意売却といった方法もありますが、買主が現れない限り現金化はできず、どうしても時間がかかってしまいます。不動産買取の場合は、不動産会社自体が買主になるため、わざわざ買主を探す必要がありません。ただし、現金化が早い反面で価格は下がる傾向にあるという注意点もあります。

不動産買取の5つのメリット

不動産買取の5つのメリット

不動産買取の5つのメリット

すぐ現金化できる 仲介売却や任意売却は条件に合う買主が現れてようやく現金化できますが、不動産買取の場合は不動産会社がそのまま買い取るためすぐに現金化できます。
交渉を代行してもらえる 不動産会社が金融機関との交渉をすべて代行してくれます。そのため、たとえ売却価格がローンの残債を下回ってしまっても資金計画が立てやすくなります。
近隣の人に知られない 不動産買取の場合、仲介売却のように広告やインターネットを活用した売却活動は行われません。そのため、近隣の人に売却が知られることはありません。
リフォームする必要がない 不動産買取の場合、不動産は現状のまま買取になるため、わざわざリフォームや解体を行う必要はありません。
仲介手数料がかからない 不動産買取の場合、不動産会社が買主になるため仲介売却のような仲介手数料はかかりません。

買取保証システムとは?

不動産は買主がつかない限り売却できません。場合によっては、いつまでも売却が成立しない可能性もあります。そんな場合に不動産会社が取り決めた価格で買い取る制度が「買取保証システム」です。

地域や物件によっては対応できる場合とできない場合があるものの、この買取保証がついていると買主が見つからない物件でも買い取ってもらえるため、保険になります。ただし、価格は査定額を通常下回ってしまうというデメリットもあります。

任意売却とは?

金融機関は、住宅ローンが支払えなくなった不動産を差し押さえて競売にかけることができる「抵当権」という権利を持っています。競売にかけられてしまうと不動産の価格は市場価格より大幅に低下する傾向にあります。

しかし、売却しても借入金が残ってしまう不動産であっても、競売にかけられる前に金融機関の合意を得て市場価格に近い価格で売却する術があります。それが「任意売却」です。競売と比べ高値で売却でき、所有者の経済事情が近隣に知られることもなく、債権者へ借入金を全額返済できない場合でも抵当権の解除を承認してもらえるなどのメリットがあります。

日向市で不動産の売却・買取
ならお任せください。

私たちは、不動産のプロフェッショナルとして、
お客さまの「Goodパートナー」と認められることを目指します。

to top