日向市で不動産売買を行う大興不動産日向が仲介売却についてご説明します。

お問い合わせ
無料査定依頼

MENU

仲介売却
Real estate broker

不動産会社を間に入れる「仲介売却」

不動産を適正価格で売却するには、価格設定はもちろん販売活動も行わなければなりません。不動産会社に直接買い取ってもらう方法もありますが、どうしても価格が下がってしまいます。より高く好条件で売却するためには、専門的な知識や実績を持った不動産会社に仲立ちしてもらうことが大切です。

「仲介売却」とは、不動産を売却するために不動産会社に間に入ってもらい、価格設定や売却活動を代行してもらう方法です。不動産が売却できた場合、売主は不動産会社に報酬として仲介手数料を支払う契約になります。不動産会社に売買条件の交渉を任せることで、適切な価格設定ができるほか、専門的な販売活動を行うことができます。

仲介売却の2つのメリット

仲介売却の2つのメリット

仲介売却の2つのメリット

丸投げできる 不動産の価格設定も販売活動も、時間や手間がかかります。仲介売却なら、手数料を支払う必要があるものの面倒な作業を不動産会社に丸投げできます。
高額で売れやすい 仲介売却は売れるまでに少し時間がかかるものの、他の売却方法と比べて高く売れやすいというメリットがあります。時間的な余裕があるならおすすめです。

媒介契約とは?

「媒介契約」とは、不動産会社に仲介売却を依頼する際の契約を指します。仲介売却で不動産を売る場合には必ず行う契約です。

媒介契約とは?

媒介契約の必要性

宅地建物取引業法によって、仲介売却の際に媒介契約を締結することが義務づけられているため、契約は例外なく必要です。契約の際には、明確な不動産の売却方法や売却できた場合に支払う仲介手数料までしっかり書面にするため、トラブル防止にも役立ちます。

媒介契約の種類

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」という3つの種類があります。

専属専任媒介契約 売主が買主を探すことは認められず、レインズへの登録が必要。売却依頼が認められるのは1社のみで、複数社には依頼できない。
専任媒介契約 売主が買主を探すことはできるが、不動産会社に経費などを支払う必要があり、レインズへの登録が必要。売却依頼は1社のみ認められ、複数社には依頼できない。
一般媒介契約 複数社に売却依頼を出せるほか、契約の有効期限やレインズへの登録、媒介会社の業務処理状況報告義務などに制限がない。

注)レインズ(REINS:Real Estate Information Network System)宅地建物取引法に基づいて国土交通省が指定した不動産流通機構の通称。

日向市で不動産の売却・買取
ならお任せください。

私たちは、不動産のプロフェッショナルとして、
お客さまの「Goodパートナー」と認められることを目指します。

to top